ねこぶし日和

趣味やちょっとした雑談を垂れ流すブログです。

【メダロットS】お役立ち情報を発信してみる

はじめに

 

メダロットS超おもしれぇぇぇ!!

 

こう叫ばずにはいられない。久しぶりにメダロットをプレイしてみて改めてそう思った。

従来のシリーズとは違いパーツ集めはガチャだし、パーツを強化しないといけない手間がある。そういう部分は不便に感じてしまう時はあるが、逆に今あるパーツでどういう風に戦うか、どのパーツを優先して強化するのかを考える楽しみが増えた

昔と比べて、より自分だけのメダロットを作っている感覚と言えばいいのか。・・・とにかくそんな感じ(わからん)

 

さて、前置きはここまでにしておいて。

今回はメダロットSのお役立ち情報というか、ちょっとしたポイントをご紹介していこうと思う。また注意点もいくつかあるので、そちらも紹介していく。

これを見て、少しでも参考にして頂けると幸いだ。ではGO。

 

お役立ち情報

頭部パーツのレベルを優先して上げよう

今作ではパーツは集めるだけではなく、強化をする必要がある。

強化すると熱量や冷却時間を短縮できたり、単純に威力が上がったりと良いことづくめ。ストーリーを進める上でも、将来的に実装されるPvPのどちらでも勝つために必要なことなので、ちゃんと強化していこう。

だが、そこで1点ポイントがある。それは、頭部パーツを優先して強化することだ。

理由は、頭部パーツを壊されてしまうとそのメダロットは機能停止してしまうから。なんとも単純な理由だな(汗)

しかし、単純だからこそ重要なポイントなので、是非とも覚えてもらいたい。

f:id:nekobushi:20200125023426p:plain

まずは頭部パーツを優先して強化しよう!

 

まずはストーリーを進めよう

まずはストーリーを進めて第1章をクリアしよう。クリアすると、各メニューが開放されるため。

また、ストーリーを進めることでガチャを回すための石はもちろんだが、新しいメダルを入手することができる。メダルはあればあるほど様々なパーツに対応できるようになるし、メダフォースの種類も増やせる。戦略の幅を広げるためにもなるべく早めに入手しておきたい。

f:id:nekobushi:20200125023517p:plain

新メダルがもらえるのはありがてぇ

 

ストーリーを進めるとさらに良いことがある。今作で新登場した主人公機「クロスメサイア」のパーツ一式が入手できるのだ。

今作では、パーツは一定の数被ることでランクを上げられるシステムとなっている。レベルの上限も上がるので、より強化することが可能となる。・・・クリアするだけでもらえるなんて太っ腹だわ。

f:id:nekobushi:20200125023317p:plain

序盤の主力になるので、しっかりと強化していきたい

 

このようにストーリーを進めることで、3つもの良いことが起きる。・・・一石三鳥という奴だな(たぶん違う)

 

バトルの際はフレンドを連れていこう

『フレンドポイント』を入手するために、忘れずにフレンドを連れていこう。

このポイントを消費して回ることができる『フレンドガチャ』を回すことが目的。このガチャでは各種パーツや強化アイテムが手に入るのだが、何と言っても『メダロッター』が入手できるところに着目したい。

この『メダロッター』は、メダロットに設定することで各種パラメーターを強化できる。メダロットをより強くするためには必須となる存在なのだ。・・・自分のとって思入れのある懐かしいキャラもここで入手できるのだから、見逃さないようにしたい(必死)

 

種類もかなり多いらしいので、なるべくフレンドポイントを集めるようにしていきたい。・・・ついでに強いメダロットを連れていけるメリットもある。滅茶苦茶おいしいぞ?(ニヤリ)

 

メダロッターをちゃんと設定しよう

前の項目で触れた『メダロッター』について。

入手したら忘れずにメダロットに設定しよう。それだけで、攻撃・防御などの各種パラメーターが上昇する。強くなる要素はどれだけやっても困ることはないのだから、ちゃんとつけてあげよう。

・・・お兄さんとの約束だよっ!(何言ってんだ)

f:id:nekobushi:20200125023611p:plain

強化はできるだけのことはしておきたい

 

ショップを有効活用しよう

ショップの存在を忘れてはいけない。

ただ有償石を買うだけの場所ではなく、各種強化アイテムも買うことができる

今作ではパーツやメダルの強化がかなり重要な要素となっており、それらの強化アイテムはいくらあっても足りないので、入手できる機会があったら逃さず手に入れておきたい。

強化アイテムはストーリーのドロップやミッションでもらえる仕様だが、それだけでは正直すぐ足りなくなる。そういった理由でも、ショップで購入できる時はなるべく買っておこう。

・・・ゲーム内通貨をかなり消費することになるので、金曜日イベントをこなしてお金を貯めておくと良い。

f:id:nekobushi:20200125023701p:plain

強化パーツが普通に売られているなんて・・・!?

 

気をつける点

メダルのレベル上げについて

メダルのレベルは、メダルに設定されている各行動レベルの合計値となっている。レベルを上げるためには、各行動を繰り返し取ることで上げることができる。

例えで言うと、【かくとう】の行動をするとそのメダルの【かくとう】レベルが上がり、結果的にメダル全体のレベルも上がる、という感じ。

メダルを自分好みに育てられるというメリットがありつつも、間違うと上げたくない部分のレベルが上がることになるので、育てる際にはかなり注意していきたい。

f:id:nekobushi:20200125023815p:plain

アイテムで強制的にレベルを上げることもできる

 

行動パターンを設定していないと対戦時に勝手な行動を取ってしまい、上げたくないレベルが上がるということに成りかねない。そのため、対戦では実際に指示を出すのが1番だ。・・・だがそれが面倒くさいという方は、メダロット各自で行動順を設定してあげよう。それを設定するだけでもかなり違うから(実体験)

 

オートバトルについて

今作ではスマホゲームになったということもあり、オート機能が付いている。勝手にバトルしてくれるアレだ。

なぜ注意しなければならないのか?・・・それはオートだと単純に弱いからだ(苦笑)

またメダルのレベル上げでも触れたが、自分が上げたくない部分の行動を取ってしまう可能性もあるため。自分の理想通りにメダルを育てたければ、ちゃんと指示を出すことを強くオススメする。

f:id:nekobushi:20200125023225p:plain

このように行動パターンを決めておくと便利だ

 

最後に

いかがだっただろうか。少しは参考になっただろうか・・・。

私が実際にプレイしてみた思ったこと、感じたこと。また某攻略サイトを参考に自分で体験したことをまとめてみた。私自身がまだまだ序盤なので、至らない点や間違っている点があるかもしれない。・・・もしそんな情報が出てきたらご指摘頂けるとありがたい。すぐに訂正しよう。

 

私は現在のんびりとストーリーを進めているところだ。たまに強化アイテムやお金稼ぎをするといった感じ。

基本的には一式装備で統一したパーティーで進めているが、簡単そうなステージでは自分で考えたオリジナルの組み合わせやコンボを試している。今試しているのは【しゃげき】中心のもの。

f:id:nekobushi:20200125023042p:plain

普段はこちらを使用している

f:id:nekobushi:20200125023127p:plain

こちらが実験中のオリジナルの組み合わせ


今回は以上。こんな感じはどうなのだろうか・・・(汗)

今後も当blogではこういった色々な情報を発信していければと考えている。攻略もそうだがオススメコンボ(パーツ組み合わせ)や、オススメパーツ紹介など。

その際、もし興味のある方がいらっしゃるなら読んで頂けるとありがたい(土下座)

 

それでは。

 

今日のにゃんず

f:id:nekobushi:20200125004009j:plain

朝はネコタワーに集まる習性があるらしいww

【メダロットS】懐かしいあのゲームを始めてみた

はじめに

f:id:nekobushi:20200123172350p:plain

待ってた・・・!

 

・・・ついにキタ!「メダロットS」!

 

昨年から配信されるとのニュースを聞いてから、ずっと待ち焦がれていたゲームが漸く配信された。もうすぐにDLして遊んでみた。

約20年程、ゲームボーイ用ソフトとして発売された初代メダロット。カブトとクワガタの2種類があり、私はカブトを選んだ。勝手から一心不乱にプレイしたのを今でも鮮明に覚えている・・・。

メダロット」は大人になった今でも好きな作品のひとつだ。メカを自由にカスタマイズできる、それで対戦ができる、コレクション要素もある。こういった男が喜ぶ要素をふんだんに取り入れているのだから、嫌いな人はいないだろう。絶対に(断言)

しかもそういう要素に溢れているのに、ゲーム性やストーリーは決して難しくない。新規で始める人にも優しい設計でありながら、追及できるところはどこまでも追い求めることができる。・・・完成されたゲームだと私は思う(褒め過ぎ)

 

現在のゲーム業界の状況に合わせてスマホ用として出してくれたのは本当にありがたい。気軽にプレイできるというのが、なによりも嬉しい。

今回はこの「メダロットS」というゲームについて語っていく。今回はざっと遊んでみた感じの感想を、所謂レビューをしていくぞ。

 

ゲームレビュー

UI/UXなど

かなり綺麗にまとまっており、とても見やすいメニュー画面となっている。各メニューもどこにあるか一目でわかるし、どこに何があるか混乱することもない。

背景がシンプルな白で統一されているので目にも優しくて好感触だ。

表示されているメダロット(リーダー機)があるのも◎。お気に入りを常に表示できるのはファンにとってはかなり嬉しい。しかも、機体を回転させて様々な角度で見れる点個人的に高評価。・・・わかってるねぇ!(江戸っ子風に)

f:id:nekobushi:20200123172923p:plain

個人的にはこれぐらいシンプルな方が好き

 

他のゲームのことなのだが、メニュー画面が乱雑になり過ぎてどこに何があるのかわからなかったり、ゴチャゴチャし過ぎると逆にプレイする気が失せてしまったり、そういったプレイヤーへマイナスに感じさせるものもあったりする。

ゲーム性を上げるためなのはわかるが、様々な要素を入れ過ぎると、結果プレイヤーに優しくない環境になってしまう。ほどほどにするのが一番。もしくは少しずつ増やすとか、階層をつけるとかすれば良いのに、と考えてしまうのだがどうなんだろうか・・・?

 

メダロット画面

パーティーを5個保存しておけるのが、まず目についた。これは良い!

このゲームでは脚部を地形に合わせることが何よりも重要になってくる。地形が変わる度に毎回それにに合わせて調整する必要があるのだが・・・。ぶっちゃけてしまうと、これがかなり手間。

だが、このゲームではチームを複数個保存できるようにすることで、その問題が解決されている。全ての地形分を用意することはできないが、主だった地形分は用意できる数はあるので、実際は問題ないだろう。

f:id:nekobushi:20200123173011p:plain

各機体が見やすいのも◎

 

パーツ交換もシンプルでやりやすかった。部位を選び、パーツを選ぶだけ。・・・簡単だ

私が特に嬉しかったのは、パーツ一式を一気に装備できること。これはかなりありがたい機能だ。過去作ではあるようでなく、漸く実装された(たしか)

 

ガチャ

f:id:nekobushi:20200123173057p:plain

今は女性型をピックアップ中

今回メダロットのパーツは、スマホゲームではお馴染みのガチャで入手するシステムとなっている。従来であれば、お店で買うか、対戦相手に勝利するともらえるシステムだったが、そこはしっかりと合わせたようだ。

一応、一部ではあるがお店で買えるパーツもあるようだし、対戦の報酬としてもらえるものもあるようなので、昔の要素も残っている。・・・やっぱり制作者はわかってるねぇ。

 

で、大事なのはここから。基本ガチャからはパーツが単体で手に入るのだが、なんと低確率ではあるが、パーツが丸々一式で排出される時もあるらしい。・・・というか、10連を回せば必ず1つはパーツ一式が入手できるというありがたい仕様。

 

・・・やってくれるねぇ(中〇彬風)

 

パーツにはレアリティこそ存在するものの、丸々一式が入手できるのはかなり嬉しい。パーツがまとめて手に入ることもそうだが、自分の好きな機体がまとめて入手できる可能性があるだけでも心躍ってしまう。

なので、このゲームでガチャを回す場合は、必ず10連で回すべし!

f:id:nekobushi:20200123173136p:plain

虹色に光ると一式確定する

f:id:nekobushi:20200123173200p:plain

一式丸々当たるのは嬉しい仕様だ

 

バトル

・・・懐かしい。真っ先に浮かんだのはこの感情だった。

画面端から中央に向かって走り、到達した順から行動を起こす、メダロットオリジナルのバトルシステム。早く到達するには地形に合わせた脚部を換装するのが何よりも重要となる。・・・このシステムを考えた人は本当にすごい。こんなの普通じゃ思いつかない。

f:id:nekobushi:20200123173236p:plain

まずは行動を決めて・・・

f:id:nekobushi:20200123173300p:plain

中央に向かって走る!

 

このシステムでは、行動が遅いと先に攻撃されてしまい、下手したら一撃で行動不能に陥ることがある。それを回避するためには、上記でも軽く触れたが、なるべく地形と脚部の相性を意識したパーツ選びをする必要がある。

また行動には攻撃以外にも、トラップを仕掛けたり、相手の妨害行動を取ったりと、色々なことができる。どの行動を取るかで戦術が変わるのだ。

・・・これが面白い。相手の行動と自分の行動、逆に相手に先手を取らせる戦術を考えるだけで楽しい。ここにはとんでもない深さの沼が潜んでいる(何言ってんの?)

f:id:nekobushi:20200123173327p:plain

アクションもカッコイイぞ!

 

成長システム

従来のメダロットでは、メダルと呼ばれるメダロットにおける心臓や核に位置するものをレベルアップされることで、より強くすることができた。

もちろん今作でもその要素はあるのだが、さらにパーツの強化要素が加わった。・・・そこ面倒くさくなったじゃ?とか言わない!

 

これがあるからこそ、低レアリティパーツも活躍させることが可能となる。

地形や戦術に合わせてパーツを換装するため、元より様々なパーツが活躍するようにはなっているのだが、どうしても上位互換が存在してしまうのが自然の摂理(えっ)

だが、このパーツ強化のおかげで高レアリティを持っていない状態でも、それに代わる強さを持つパーツを所持できるのだ。・・・低レアリティは使えないといったイメージを払拭してくれる良い機会になるかもしれない。いや、なってくれ!(切実な目)

f:id:nekobushi:20200123173407p:plain

メダルはレベルが上がるとシンボルも変化していく

 

その他

・・・・・ロボロボ団、久々に見たロボ。

 

最後に

さて、サクっと遊んだ感想を語ってみたが、いかがだっただろうか。

個人的にはかなり面白そうな雰囲気を感じた。従来のシステムから逸脱していないことは前提として、上手くスマホゲームに落とし込んだなと。これなら私のように懐かしんでプレイする人だけでなく、新規層にも受け入れやすいものになっているのではないだろうか?

 

この記事がアップされる時、私はひたすらにリセマラに励んでいると思うが、なるべく早く終わらせてガッツリやっていきたい。・・・今回は妥協できない。というかしたくない。あぁ時間かかりそうだぁぁぁ(遠い目)

 

興味が湧いた方は是非ともプレイして頂きたい。期待は絶対に裏切らないから。

今後もメダロットSの記事を色々書いていこうと考えている。攻略記事にするか、プレイ状況記事か悩んでいはいるが、次も読んで頂けると幸いだ。・・・やる気が出ます!(パクり)

 

それでは。

 

今日のにゃんず

f:id:nekobushi:20200123173454j:plain

一緒に何を見てるの?

【猫日記】にゃんず事件簿④

はじめに

さて、今宵も語る刻が来たようだ。それではにゃんず事件簿の続きを語ることにしよう・・・。(ランプだけが灯された書斎のイメージ)

今回で4回目となる。かなり久々なので、前回までの事件簿はこちらを見て頂ければと思う。

 

事件簿⑩:忍びが出現事件

我が家にいる末っ子の[にゃふぃ]。この子実は『忍び』疑惑疑惑が挙がっている。

それはなぜか・・・?理由は『いつの間にかいなくなっている』からだ。また『いつの間にか姿を現している』ことも理由のひとつとなっている。

 

実際に起きたことを話そう。

ある時トイレに行くためにリビングから出た時だ。用を済ませてリビングへと戻ったのだが、さっきまでネコタワーでのんびりと寝ていた[にゃふぃ]がいなくなっていた。

それだけならまだ日常風景だ。ネコもトイレに行ったり、寝場所を変えたり、水を飲みに立ったりとするのだから。私は特に気にせずソファへ座り、スマホいじりを再開した。

・・・その時だ。くぐもった声が遠くから聞こえてくる。「・・・んにゃあ~」と、かすかに。耳を澄ましてみると、どうやらリビングの外から聞こえてくるようだ。

私はリビングの扉を開けてみる。すると、どこからともなく「にゃっにゃっ」と言いながら[にゃふぃ]がリビングへ入って来たのだ。・・・私の頭には「???」が浮かんでいた。

どうやら私がリビングを出た時と同時にこの子もリビングから出ていたようなのだ。・・・いつ移動したのか全く分からなかった。足音ひとつすらなかったのだ。まるで瞬間移動をしたかの如く。

 

それからというもの、頻繁に同じことを起こすようになってしまい、正直困っている・・・。

私がリビングから出た際、音を一切立てずに[にゃふぃ]も同時に脱出。足元や棚の死角へと巧みに入り込み、私の視線から逃れつつ、別の部屋へ入ることで忍びは成功。

そして、別部屋に一匹取り残されることが寂しいのか、「見つけて~」と。「ここにいるよ~」と声を出してアピールしてくる。・・・お前何がしたいんだ?(呆)

最初はどこいった?と探していた私も、頻繁に起きるようになってからは、あっちが根を上げるまで放置することにした。その方が見つかるのが早いし、探す手間も省ける。・・・だが、この行動を辞めようという思いは一切ないらしい

 

ーーーーー今も事件は未解決のままだ。

 

事件簿⑪:棚に監禁事件

ある夜のお話。

いつものようにシャワーを浴び、リビングへと戻る。丁度戻ったタイミングでにゃんず達のご飯の時間だったため、用意して各自にあげていった。

・・・だが、1匹いない。ご飯を定位置に置いても一向に来る気配がない。見当たらないのは[にゃふぃ]だ。あのお喋り大好きな子がうんともすんとも言わないのはおかしい。

呼びかけてみる。「にゃふぃ~。ご飯だよ~」「にゃふぃ~。どこ行った~」と。だが何も反応がない。前の事件の時みたいに別部屋に行ったのかと探してみても見当たらない。・・・さすがに焦ってくる。以前家から脱出された記憶が蘇ってくる。

・・・ふと「にゃあ~」という声が聞こえてきた。またしてもくぐもった声。だが、他の部屋にはいないことを確認しているので、どこにいるのかはわからない。

私はふと[にゃーにゃ]が起こした事件を思い出した。勝手に戸棚を開けてお米をばら撒いたあの事件だ。

もしかしたら、開けた棚に忍び込んだのでは?そして出られなくなったのでは?と。

 

案の定、棚の中に忍び込んで出られなくなっていた。

 

棚を開けた途端猛烈なダッシュで飛び出してきた[にゃふぃ]は、勢いよくご飯の元へ。・・・呆れるしかなかった。というか、[にゃーにゃ]との見事な連携プレイという事態に、笑うしかなかったというのが正しいか。

それからというもの、[にゃふぃ]が消えた時に探す場所が増えたのは余談(ちょくちょく同じ事してる)

 

ーーーーー今も事件は未解決のままだ。

 

事件簿⑫:疑心暗鬼事件

1年に一度、我が家のにゃんず達はワクチン注射を打ちに病院へ行くことになっている。病気予防のためのワクチンで、これを毎年欠かさず行っていたからか、一度も大きな病気に掛かったことがない。・・・これは密かな自慢だ。

今年も例年通りに近所の動物病院へと連れていった。2匹ずつの二往復で全匹済ませるのが我が家のやり方。・・・4匹の大変さをここで毎年感じるというね(苦笑)

無事に注射が終わり、全匹我が家へ帰還した時、・・・事件は起こった!

 

4匹ともお互いを威嚇し合っていた(謎)

 

病院へ行ったストレスなのか、病院の匂いが付いてしまったせいなのか、「うーうー」と唸り声をあげている光景が広がっていた。挙句の果てには、ネコパンチ合戦を繰り広げる羽目に。・・・ネコパンチ可愛かった(おい)

その日から、あれだけ仲良く一緒に寝ていたはずが、この時だけは各自バラバラになって寝ていたし、お互いに近づけば唸り声やネコパンチが飛び出す始末。通常運営に戻ったのはそれから3日後のこと

あれだけ警戒し合っていたのが嘘のように、気がついたら仲良く寝ていたし、毛づくろいまでしていた。・・・何なんだお前ら(汗)

 

実は私に対しても若干疑心暗鬼になっていたようで、抱いてもものすっごく嫌そうな顔をしていたし、乗っかってくることもなかった。更には顔を近づけたら鼻にネコパンチをお見舞いしてくる始末。・・・ネコパンチは肉球が気持ちよかったけども(おい)

これが1年に一度繰り返し起きているのだが、いい加減慣れてくれないものか・・・。

 

ーーーーー今も事件は未解決のままだ。

 

最後に

久々の事件簿を書いたが、[にゃふぃ]ばかりになっていたな・・・。この子が一番事件を起こしているのではなかろうか。近く枢機卿の称号を与えようかな?(勝手に思っている悪のイメージ)

今回お話した事件の数々は未だに未解決の事件ばかり・・・。これからも当局は警戒を怠らず、いつ事件が起きても対応できるように対策を練っていこうと思う次第だ。

 

それでは。

 

今日のにゃんず

f:id:nekobushi:20200121231645j:plain

ベッドの下は俺の秘密基地!

【モンスターファーム】番外編#5 くろべぇ杯の結果を晒してみる

はじめに

先週の土日、YouTuberによるモンスターファームの非公式大会『くろべぇ杯』の予選が開催された。大会参加者は約180名。個人主催の大会としてはかなりの人数が参加したようだ。・・・私もその中の内の1人なのだが。

 

大会形式は、まず主催者が用意した3体のモンスターの内の1体と対戦。勝利した時の秒数を競うタイムアタック制。その上位6名が優勝を争う本戦へと出場する。

その予選が1/18~19に行われたので、今回はその結果をご報告していこうと思う。

 

出場モンスター

改めて、私の出場モンスターを紹介していこう。

今回私が育成したモンスターはこちら。

f:id:nekobushi:20200113190604p:plain

結構お気に入りだったりする

ライガー]種の「ハムライガーというモンスター。このモンスターは少し特別なもので、初期パラメーターの【かしこさ】が1となっている。

コイツはある特定のCDからしか出現しない。こういった特殊なパラメーターを備えるモンスターはこの方法でしか入手できない。

モンスター選びという基本的なことですら、大会で勝ち抜くために重要なファクターになるのだ。

※出場モンスターの詳細は以前の記事からどうぞ

 

シミュレーションをした際のタイムは3~4秒。これなら十分予選突破を狙えるタイムだ。何かしらイレギュラーが発生しない限りは上位に食い込めるはずだが、何が起こるかわからないのがモンスターファームというゲーム。油断はできない・・・。

 

大会の様子

大会はYouTubeの生放送枠で行われた。もちろん私はリアルタイムで視聴したよ。

参加者は180名を超え、様々なモンスター達がひしめき合うピリピリとした空気・・・とはならず、終始和気藹々とした和やかなムードで進行していた。主に主催者であるくろべぇ氏のトークや雰囲気作りのおかげだろう。

視聴者もコメントで盛り上がっていたし、笑い溢れる大会だった。・・・この空気感ものすっごい好き。

 

肝心のタイムアタックは、魔界の巣窟と化していた(何言ってるかわからん)

初日から物凄いタイムが飛び出たというのもあるが、予選用モンスター3体が滅茶苦茶活躍してしまったのが大まかな理由だ。ざっと洗い出してみると・・・

  • 確率80%以上の攻撃を何回も避ける ←普通当たる
  • 99%の攻撃すら避ける ←おかしい
  • 逆に1%の攻撃を当ててKOを取ってしまう ←おかしい
  • 相手の攻撃を妨害し、タイムを稼ぐ行動を取りまくる ←仕事し過ぎ

 

・・・うん、振り返ってみてもこれはおかしい。やり過ぎだコイツら(汗)

ちなみにくろべぇ氏本人も「おかしい」「(チート)やってんねぇ」との談。実際に見てみるとわかるので、是非観て頂きたい。


【移植版 MF】第1回くろべぇ杯開幕!予選タイムアタック1日目【モンスターファーム】


【移植版 MF】第1回くろべぇ杯開幕!予選タイムアタック2日目【モンスターファーム】

 

個人結果

さて、簡単に当時の様子を語ったところで、肝心の私の結果をご報告しよう。

私のモンスターは2日目に登場(動画の36分辺り)。意気揚々と登場したが、むっちりし過ぎてたなアレ。

先程少し触れたが、シミュレーションでは最速で「つきさし」を繰り出すことができれば予選突破できるタイムをたたき出すことに成功していた。実際、ここまでの予選ボーダーラインは『5秒』。安全地帯は『4秒』という状況。理想ムーブができれば可能性は大いにある!

さて・・・

 

f:id:nekobushi:20200121141653j:plain

いよいよだ・・・

f:id:nekobushi:20200121141709j:plain

開幕、相手に技を使われてしまう!

f:id:nekobushi:20200121141733j:plain

しかも2連続!これは辛い・・・!

f:id:nekobushi:20200121141751j:plain

きっちりと一撃で倒すことができたが・・・

 

残念ながら、相手に2連続で攻撃されてしまったため『9秒』という結果に終わった・・・。

早いタイムではあるのだが、予選突破とはならず。お相手のストパスにしっかりと仕事をされてしまったようだ。理想ムーブ自体はできており、2連続で技を使われなかったらまだ可能性はあっただけに非常に悔やまれる結果だ。・・・いや言い訳は辞めよう。あれが結果で、自分の全てだ

これが大会。これが真剣勝負。自分がやり切った上の結果なのでしっかりと受け入れよう。悔しいには悔しいが、育成も生放送も滅茶苦茶楽しかったし、良い経験になったと思う。

 

最後に

こういった大会というかイベントへ参加するのは、今回が人生で初の試み。最初は不安だったし、途中で辞めようかと何度か考えていたが、いざやってみると非常に楽しく、有意義な時間だったと思える。

これは大会そのものではなく、開催して頂いた主催者や他の視聴者のおかげ。参加した皆で作り上げた結果、このような楽しいものになったのだと私は思う。

 

今回の大会では残念な結果に終わってしまったが、自分の考察や育成方法が間違っていなかったことが分かった。これは大きな収穫だ。

次回があるかはまだわからないが、上位を十分狙っていける自信を持つことができたのはありがてぇ!・・・次こそはリベンジしてやる(燃)

 

それでは。

 

今日のにゃんず

f:id:nekobushi:20200121141852j:plain

超ドアップカメラ目線・・・!ww

【モンスターファーム】ALL999への道#4 チョンマゲの場合

はじめに

モンスターファーム、隠しモンスター全てをALL999にしていく企画も今回で4体目。育成が完了したのでご報告していこうと思う。

タイトルにもある通り、今回私が育てたモンスターはこちら。

f:id:nekobushi:20200120232903p:plain

初の育成なので楽しみだ

 

[ゴースト]種のレアモン「チョンマゲ」だ。ゴーストのレアモンはこいつしか存在しないのだが、見た目が派手でなんともユーモラスな姿をしている。

ぱっと見はアメリカンなエンターテイナー姿だが、服は所謂お殿様だし、帽子を取ると、頭は日本古来の髪型であるちょんまげになっている。ふざけた姿をしているが、ずっと見ていると愛着が湧いてくる、そんなモンスターだ。

 

軽くモンスターの説明をしたところで、今回の育成について話していこう。

前回の記事で、実はまだ試していない育成方法があると話したが、そのやり方について詳細を解説したいと思う。

 

今回の育成方法

さて、ではチョンマゲの育て方について話していく。

前回までは、トレーニングを全て修行で行うという方法を取っていた。これの良い点としては、パラメーターの上昇値が高い状態をずっとキープできるため、効率良く上げていくことができるということ。また技も同時に習得していくので、別途期間を設ける必要もない。

こんな良心的な育成方法があるのに、なぜ他の方法を取るのか・・・。ぶっちゃけてしまうと、ひとつだけ欠点があるためだ。それは『時間がかかる』ということ。今回行う方法は、その『時間がかかる』という問題を解決したものなのだ。

 

では、どうするのか・・・。

アイテムを大量に使いパラメーターを上げてしまうのだ。・・・所謂ドーピングアイテムで薬漬けにする強制的に育てていくという方法。・・・えっ?それはモンスターの体に悪いんじゃないかって?そうだが何か問題でも?(開き直り)

ドーピングアイテムは与えるだけで簡単にパラメーターを伸ばすことができる魔法のアイテムなのだが、デメリットが2つ存在する。楽して育てるとは何事か!?というわけだ(いきなり何)

その最大の欠点とは『寿命が大幅に減る』こと。これだけでも相当なデメリットなのだが、さらに『お金を大量に消費する』という、ファーム経営に大きな影響が出るデメリットもおまけで付いてくる。・・・よっぽどのマネー持ちじゃないとできない。

だが、最初に言ったように育成期間を大幅に減少できるメリットがある。修行育成だと平均で約10年間はかかるのだが、このアイテム育成だと技習得込みで最短で2年程度で終えることができる。

・・・この差はかなり大きい。実時間で4~5時間(たぶん)の短縮となるのだ。それだけに時間が浮けば、他のゲームもできるし、動画見たり、寝たり、色々なことができてしまう。時間は有限だ(名言を言った気になる)

 

説明が少々長くなってしまったが、今回はこの方法で試してこうと思う。

 

やり方の説明

ここからはより具体的なやり方について解説していく。

アイテム育成をする際、注意点がひとつだけある。それは与えるアイテムに順番があること。そこだけ注意していきたい。・・・フラグじゃないからな?

 

■育成手順

  1. まずは忠誠度を「カララギマンゴー」か「つづらさそり粉」を使い上げておく
  2. 「トロカチンEX」を投与し、【かしこさ】の修行を行う(※1)
  3. 【ちから】【命中】【かしこさ】が999になるまで繰り返す(※2)
  4. 「タウパリン」を投与し、【ライフ】と【丈夫さ】を999にする
  5. 「空走丸」を投与し、【回避】を999にする
  6. 「ラロックス」を投与し、【ちから】【丈夫さ】を999にする
  7. 「バイアシン」→「必中丸」の順に交互に投与し、【ライフ】と【命中】を上げる
  8. 「黄金モモ」「卵かぶり」で寿命を延ばし、各技を習得する(※3)
  9. 公式大会、四大大会をクリアし終了

 

※1 【かしこさ】はアイテムでは上げることができないため

※2 途中で【ちから】【命中】が999になったら「トロカチンEX」の投与をやめる

※3 999になっていない部分を、各軽仕事で調整する

 

やり方はこんな感じ。

【かしこさ】だけは自力で上げなくてはいけないので、そこだけ注意が必要。そのため、この方法を取る場合は【かしこさ】の適正が高いモンスターで行うのが好ましい。

適正が低いモンスター(ナーガ、ラウーなど)だと、途中で寿命が尽きてしまう。

 

私が今回育てるゴースト種は【かしこさ】の適正が高く、【ちから】の適正が最低値なので、この方法はまさに適しており、ピッタリなのだ。・・・後付けじゃないからな?(ホントか)

では、次から実際の経過を見ていこう。

 

育成経過

f:id:nekobushi:20200120233259p:plain

早速ドーピング開始していくぅ

f:id:nekobushi:20200120233335p:plain

トロカチンEXの効果で【ちから】【命中】が20上昇する

f:id:nekobushi:20200120233424p:plain

3回修行しただけでここまでのパラメーターになる

f:id:nekobushi:20200120233507p:plain

1歳時でこうなるが、既に寿命勧告を受けていたりする・・・

f:id:nekobushi:20200120233558p:plain

3つがカンストしたので、ここから更なるドーピングをしていく

f:id:nekobushi:20200120233711p:plain

まずはこちらで【ライフ】【丈夫さ】を999にする

f:id:nekobushi:20200120233813p:plain

これだけで既にこのパラメーターとは・・・

f:id:nekobushi:20200120234019p:plain

次に下がった【回避】をこれで上げていく作業

f:id:nekobushi:20200120234400p:plain

するとこうなる

f:id:nekobushi:20200120234445p:plain

次は再度【丈夫さ】を上げる作業だ

f:id:nekobushi:20200120234942p:plain

結果はこんな感じ

f:id:nekobushi:20200120235006p:plain

f:id:nekobushi:20200120235016p:plain

この2つで最後の調整を行っていく

f:id:nekobushi:20200120235053p:plain

最終的にはこうなり、最後に【ちから】を調整すれば終わり


・・・というように、ドーピングをし終わるとこんな感じになる。

アイテム効果の影響で【ちから】だけ10足りないが、これは技取得の修行を行えば問解決できる。ちなみにドーピング作業にかかった時間は1時間程度。・・・いやはや早いな。

ここまで来ると、当然の如く寿命は完全に尽きているので、すぐに延命アイテムを投与しておく必要がある。ここで間違えて週送りすると死亡してしまうので気をつけよう。笑えない事態になるからな。・・・まぁロードすればいいだけなのだが(マジレス)

ここからは技取得と、各種大会に出場し、最終目標に向けて爆心していくだけ。ちなみに延命アイテムは「黄金モモ」×2個で済んだ
 

育成結果

f:id:nekobushi:20200120235802p:plain

既に判明しているが、ALL999無事に達成

f:id:nekobushi:20200120235851p:plain

四大大会も当然の如くクリア

f:id:nekobushi:20200120235917p:plain

ゴーストの技はどれもユニークなので、一見の余地あり

 

作業終了ぉぉぉ!!

時間にして約1日。これほどの短時間で終えることができたのは初めてだ。このやり方滅茶苦茶早い・・・。

これ覚えてしまうとヤバイな。かなり楽だし、修行育成を面倒くさく感じてしまう。・・・そう思うほど快適に進めることができてしまったよ(苦笑) 

 

まとめ

今回はいつもと違う方法で育ててみたが、いかがだっただろうか。

ちなみにかかった合計金額は、約¥400,000。最初に約65万用意していた2/3をガッツリ持っていかれた。・・・これ2回以上やるのは相当キツイわ(汗)

探検をやれば金策はできるが、頑張って1年で10万稼げるかどうかなので、資金を貯めるのに早くても4年はかかる計算。それ以上かかることなんてザラだろう。できなくはないが、正直その間の時間がもったいない・・・(苦笑)

しかし、こういう育成もあるという経験は積めたので良しとしておこう! (前向きな姿勢)

 

さて、隠しモンスターを全てALL999にするという企画も漸く半分を消化した。残りは[ドラゴン][ラウー][ディスク][ラクガキ]の4種。

ディスクとラクガキはまだなんとかなるが、ドラゴンとラウーはそれぞれ厄介なものを抱えているモンスターだ。ドラゴンは『短命』ラウーは【かしこさ】適正が最低値という、育成しづらい要素トップ2を持っており・・・。

そのため育成にかなりの時間がかかることが予測される。・・・というか絶対かかるわぁ(遠い目)

なんとか上手い育成プランがないかこれまでの経験を含めて考えねばなるまい・・・!(必死)

 

次回もまた日が空いてしまうと思うが、待っていて頂けると非常にありがたい。

それでは。

 

今日のにゃんず

f:id:nekobushi:20200121000410j:plain

なにかを訴えていらっしゃるようだ